アトピーと食物アレルギーの関係性

アトピー性皮膚炎とよく混同されがちであるアレルギーの中で一番は食物アレルギーです。よく混同されてしまうのも、 仕方が無いのですが、起こる原因や症状が類似しているのです。アトピー性皮膚炎を起こす要因としても、食べ物があるからで、 特に幼少期、小児期に発症するアトピー性皮膚炎の原因には食べものが挙げられます。ですので、医療現場では良く似た病気として診断されることがあります。 しかし、食物アレルギーは、アレルゲンとなる食物を摂取しなければ症状が出ませんし、症状が出ても期間が短いです。 アトピーは、症状が出始めてからが長く、また簡単に原因を特定できるものではないという違いがあります。アトピー性皮膚炎は、 長く続く皮膚疾患で、湿疹が体の部位左右対称に出やすいという特徴もあります。がさがさ・ごわごわした皮膚の感触が特徴的です。

大人のアトピー性皮膚炎は、食べものが原因にはしがたく、それよりも生活環境やストレス・ハウスダスト・ダニなどが原因だと言われています。 食物アレルギーは、原因が食物単体ですが、アトピーは複合的な原因を持つと病気ですので、勝手な自己判断は止めて、 病院で皮膚テストやパッチテスト・また血液検査などで原因をしっかり追究することが治癒する第一歩となるので、診察を受けましょう。 また、アトピーも食物アレルギーも親子間の遺伝も認められていますが、遺伝の確率の%や、遺伝子の形などは解明していないのが現実です。